2018年2月13日 (火)

スズキ SX4 S-クロスの4WD技術

スズキ SX4 S-クロスは、4WD技術と小型車造りノウハウを

結集して造られた、クロスオーバーモデルのクルマです。

優れた積載性を発揮する荷室、適度な広さをの室内空間など、
ファミリーにもおすすめできる走りの良さも含め、
満足できる選択と言えます。

1.6リッターエンジンは、軽量化とフリクション低減によって、
出力トルク共に十分です。

あらゆる場面で、パワフルかつ爽快に、走れるでしょう。

2018年1月19日 (金)

日産 ティーダの査定額と買取相場

日産 ティーダC11系も6年以上乗っている人は、ティーダの下取り価格をどのようにして調べますか?
のようなことが参考になるのではないかと思います。
日産車には公式ディーラー日産カウゾーによる中古車販売がありますが、
日産の中古車買い取り・査定サービスのことです。
日産車を査定してもらおうと思っているならば、
公式ディーラーの方が安心かもしれません。

コンパクトとは思えない、ゆったりとした空間で、
すべての人がストレスのない上質なドライビングを楽しめるという、
5ドアハッチバックのなつかしのティーダは、2004年から2012年まで生産・販売されていました。
その日産 ティーダC11系の査定額も、日産カウゾーに持ち込めば、絶版車だけにいい値段での車買取ができるかもしれません。

最近は新車の市場よりも、中古車市場が拡大していると言われています。
査定士の資格を持つプロが出す、適正な中古車査定価格は、
日産U-CARSの販売網がありますので、仕入れのための中間マージンを省けます。

さらにオークションを通さない分、中間マージンも省けます。
カウゾーなら、中古車買取相場の日々刻々と変化するものをしっかり把握し、
車の査定金額を提示してくれるのです。

ホンダ モビリオスパイクの査定と買取価格

購入する時には少し高いと思われる車でも、人気が高ければ中古車としての買い取り価格も高くなります。
ここが査定のポイント
車種によって、買い取り価格が違うところです。

ホンダのモビリオに乗っている人は、フリードへの乗り換えに関心ある人も多いのではないでしょうか。
買い替えのとき、モビリオスパイクGK2系の買取価格を調べますが、人気車ですから中古になってからも、そんなに値が落ちなく、高めの評価が出る場合があります。
もちろん、他のポイントも押さえておくことで、さらに高い買い取り査定となります。
いくつかのモビリオのポイントを考えてみましょう。

モビリオの特徴としては、
現在、後継車はフリードとなっていますが、
車体サイズからは想像できないほど車内は広く、荷物もたくさん積め、3列目も普通に使え、高速でも静かで、きびきび走ります。
両側スライドドアで子供の乗り降りも楽で、シートアレンジも多彩なため、非常に使いやすいです。
デザインも直線的で飽きがこないところですね。

注意すべきポイントは、内装を大切に使うことが、買い取りサイトには挙げられています。
キズが付かないように、保護シートを貼っておくと、大きな差が出るはずです。
年式が古くてもかなりの価格となっているようですよ。

2017年12月 5日 (火)

スバル レヴォーグ STI SPORT

スバル レヴォーグは、日本市場ジャストフィットする、
スポーツツアラーとして登場しました。

スバル車ならではの、
 ・優れたパッケージング
 ・走り
 ・使い勝手
を特徴としています。

マイナーチェンジとほぼ同時期に、STI とのコラボレーションで開発された、
STI SPORTが発売されました。

ベース車の優れた資質をさらに磨き上げた車で、
ベース車以上に人気を集めています。

2017年10月24日 (火)

ホンダモビリオの後継車 フリード

モビリオの後継車としてホンダ フリードが出されていますが、
用途に応じて、いつ、どこでも、誰でも、思いのまま使える
コンパクトミニバンとして、人気があります。

小型ミニバンならではの優れた経済性は、魅力と言えるでしょう。

実用的で小型で、低燃費という特徴は、どのような用途でも、
毎日車を使うというニーズに最適です。

2016年4月21日 (木)

ドライブで富士山を見に行こう

ゴールデンウィークには、ドライブして富士山を見に行こう

と考えている方も多いと思います。

富士山が見える周辺の地域は、有名な観光地のところが多いですから、
連休や週末には多くの旅行客が訪れます。

富士山に登山、見えるところで宿泊、ふもとで楽しんだり、富士山を目当てに来る方にも、
それぞれの楽しみ方があります。
なかでも車が大好き、ドライブして、富士山の見える温泉宿などに宿泊、
富士山周辺おすすめの温泉などを旅行ガイドなどでチェックすることが、いいですね。

2015年6月30日 (火)

マイカー購入と車のカタログ

マイカーの購入には車のカタログを見てを決める方も、まだまだ多いでしょう。
紙面よりは、テレビのCMでの印象やショールームの展示車を見たほうが、ピンとくるという人もいるでしょうが、細かいスペックやバージョン、オプションについては、カタログが詳しく教えてくれます。

購入を考えている車の取り扱いショップに行けば、車のカタログは無料で入手できます。
また、各車メーカーのホームページにカタログ請求のページがありますから、申し込めば送付してくれるなり、近くのディーラーから担当者が自宅に届けてくれます。
日本車のカタログは、相当お金をかけた高品質なものです。

もちろん車という高い商品を買ってもらう為に、メーカーはカタログの限られたページの中で、その車が欲しくなるようなアピールをしなければなりませんから、魅力的なセールスコピーやイメージ写真を駆使しています。
ただ単なる、車のカタログと侮る無かれ。

その車のカタログをコレクションしているカーマニアもいますし、古い車のカタログはちょっとしたコレクターズアイテムとなって、プレミア価格の付くものすらあるのです。
貴方の車のカタログも大事に取って置くと、将来お宝になるかも知れませんよ。

2015年4月11日 (土)

豪雨と水没車

ものすごい豪雨、最近は各地、いたる所で問題になっています。

車では水没車とならないか、普通の生活をしていて心配することがあります。

水没車とは、水に浸かった自動車のことですが、その程度によって大きく変わります。
水にどこまで浸かったか、真水か海水か、電気系統が一番大変でしょう。
エンジンやメーターなどを制御するための、コンピュータが内蔵されています。
水没により、これらの制御系統が正常に動作しない状態となっています。

つまり、普通の車として利用できないと考えるべきです。
それでも査定では、ある程度の価格で買い取りをしてくれる場合があります。
そのためには、ある程度利用価値のある部分が、残っていることが条件です。
床下だけの浸水であれば、パネル面やエンジンなどはしっかりしているかもしれません。

完全に水没してしまった場合は、何も見ずに廃車になります。
豪雨で立ち往生した車の場合は、ケースバイケースでしょう。
再利用していて調子が悪いと思ったら、点検に出すか廃車にすることを考えましょう。

2014年12月 4日 (木)

軽自動車とエアコン

軽自動車の中古車について言われるのは、「軽自動車のエアコンは、冷え具合が悪い」ということだと思います。

では、軽自動車の中古車は、エアコンの効き目が本当に良くないのでしょうか?

ちょっと昔の軽自動車は、確かにエアコンの冷え具合が悪かったです。
でも、今の軽自動車は、内装もしっかりとしており、室内や天井部分には遮熱処理がきちんとされています。

また窓ガラスには、UVカットガラスなどが標準装備されており、内装は普通乗用車とほとんど変わらない仕上がりになっていて、エアコンの冷え具合も昔とは全然違って、よく効くようです。

ただ、一昔前の軽自動車の中古車を購入する場合は、お店でエアコンの効き具合を試してみることが大切です。

2014年11月29日 (土)

中古車販売店と担当者

販売店との付き合いが、車の場合結構長くなります。
担当者とはスムーズな付き合いができるようにしておきましょう。
強引な値引きを要求してはいけません。

どうしても対応が悪ければ、担当者を変えてもらうこともできます。
しかし、そこまで来たら販売店を変えた方がお互いに気まずくならずに済みますね。
いい中古車を安く購入するコツは、値引きにありますが、担当者との交渉事ですから、どのような対応をしてくれるかが、重要になるのです。

値引き金額は、ある程度決まっていますから、その金額を予想しておきましょう。
もちろん、慣れた営業マンならお客に満足してもらうコツを知っていることでしょう。
お互いが満足できれば、商談はスムーズに進むでしょう。

«初投稿