自動車

2018年6月20日 (水)

スバル インプレッサスポーツの乗り心地

スバル インプレッサスポーツは、次世代スバルの幕開けにふさわしいモデルの、

グローバルカーになっています。
従来型より、全幅が35 mm、ホイールベースは25 mm 拡大
されていますが、ミラー・トゥ・ミラーの寸法、
最小回転半径は従来型と同様、取り回しのよさは継承
されていますので、スバル インプレッサスポーツの、
運転のしやすさ、乗り心地のよさ
結びついています。

2018年5月26日 (土)

ホンダ モビリオ スパイクの査定

購入する時には少し高いと思われる車でも、人気が高ければ中古車としての買い取り価格も高くなります。
ここが査定のポイント
車種によって、買い取り価格が違うところです。

ホンダのモビリオに乗っている人は、フリードへの乗り換えに関心ある人も多いのではないでしょうか。
買い替えのとき、ホンダ モビリオ スパイク GK2系の査定をしますが、人気車ですから中古になってからも、そんなに値が落ちなく、高めの評価が出る場合があります。
もちろん、他のポイントも押さえておくことで、さらに高い買い取り査定となります。
いくつかのモビリオのポイントを考えてみましょう。

モビリオの特徴としては、
現在、後継車はフリードとなっていますが、
車体サイズからは想像できないほど車内は広く、荷物もたくさん積め、3列目も普通に使え、高速でも静かで、きびきび走ります。
両側スライドドアで子供の乗り降りも楽で、シートアレンジも多彩なため、非常に使いやすいです。
デザインも直線的で飽きがこないところですね。

注意すべきポイントは、内装を大切に使うことが、買い取りサイトには挙げられています。
キズが付かないように、保護シートを貼っておくと、大きな差が出るはずです。
年式が古くてもかなりの価格となっているようですよ。

2018年5月16日 (水)

ホンダ シャトル売れ筋

ホンダ シャトルは、パワーユニットとして、

ガソリンとハイブリッドをラインアップ。

それぞれに特徴があるので、
ニーズに合わせて選択できます。

運転について見ていきますと、
まず、取り回しの良さは、5ナンバーサイズならではの、
セールスポイントがホンダ シャトルの売れ筋です。

最小回転半径は4.9 m、見切りの良さも手伝って、
狭い道での U ターンや縦列駐車も容易です。

2018年4月20日 (金)

スズキ イグニスの居住性

スズキ イグニスは、


コンパクトサイズと、高めのアイポイントで、
見晴らしはよく、運転がしやすくなっています。

居住性は、
コンパクトなボディサイズ故に、室内は狭く感じます。

室内の造りは、高品質な素材や質の高い仕上げにより、
上質さを演出しています。

2018年3月31日 (土)

日産 デイズとアラウンドビューモニター採用

日産 デイズは、格好良さを主張できる、

スタイリッシュスモールです。

デイズのセールスポイントとして、
内外装の上質な造り込みが挙げられるでしょう。

運転のしやすさ面も、
車両感覚がつかみやすいボディ形状ですが、

アラウンドビューモニターを採用することで、
目視しづらい路上の白線、駐車スペースへの
進入角度が把握できます。

2018年3月 9日 (金)

ホンダ N-WGNの乗り心地

ホンダ N-WGNは、ほかの N シリーズと同じく、


便利な機能が数多く採用され、

使い勝手、乗り心地の良さを美点としています。

際立った特徴は持っていませんが、弱点と言える要素もないので、

とりあえず軽自動車が欲しい、という動機で購入したとしても、

十分に満足できるでしょう。

2018年2月13日 (火)

スズキ SX4 S-クロスの4WD技術

スズキ SX4 S-クロスは、4WD技術と小型車造りノウハウを

結集して造られた、クロスオーバーモデルのクルマです。

優れた積載性を発揮する荷室、適度な広さをの室内空間など、
ファミリーにもおすすめできる走りの良さも含め、
満足できる選択と言えます。

1.6リッターエンジンは、軽量化とフリクション低減によって、
出力トルク共に十分です。

あらゆる場面で、パワフルかつ爽快に、走れるでしょう。

2018年1月19日 (金)

日産 ティーダの査定額と買取相場

日産 ティーダC11系も6年以上乗っている人は、ティーダの下取り価格をどのようにして調べますか?
のようなことが参考になるのではないかと思います。
日産車には公式ディーラー日産カウゾーによる中古車販売がありますが、
日産の中古車買い取り・査定サービスのことです。
日産車を査定してもらおうと思っているならば、
公式ディーラーの方が安心かもしれません。

コンパクトとは思えない、ゆったりとした空間で、
すべての人がストレスのない上質なドライビングを楽しめるという、
5ドアハッチバックのなつかしのティーダは、2004年から2012年まで生産・販売されていました。
その日産 ティーダC11系の査定額も、日産カウゾーに持ち込めば、絶版車だけにいい値段での車買取ができるかもしれません。

最近は新車の市場よりも、中古車市場が拡大していると言われています。
査定士の資格を持つプロが出す、適正な中古車査定価格は、
日産U-CARSの販売網がありますので、仕入れのための中間マージンを省けます。

さらにオークションを通さない分、中間マージンも省けます。
カウゾーなら、中古車買取相場の日々刻々と変化するものをしっかり把握し、
車の査定金額を提示してくれるのです。

2017年12月 5日 (火)

スバル レヴォーグ STI SPORT

スバル レヴォーグは、日本市場ジャストフィットする、
スポーツツアラーとして登場しました。

スバル車ならではの、
 ・優れたパッケージング
 ・走り
 ・使い勝手
を特徴としています。

マイナーチェンジとほぼ同時期に、STI とのコラボレーションで開発された、
STI SPORTが発売されました。

ベース車の優れた資質をさらに磨き上げた車で、
ベース車以上に人気を集めています。

2017年10月24日 (火)

ホンダモビリオの後継車 フリード

モビリオの後継車としてホンダ フリードが出されていますが、
用途に応じて、いつ、どこでも、誰でも、思いのまま使える
コンパクトミニバンとして、人気があります。

小型ミニバンならではの優れた経済性は、魅力と言えるでしょう。

実用的で小型で、低燃費という特徴は、どのような用途でも、
毎日車を使うというニーズに最適です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー